むしろ損する?無リスクで儲かると言われるカバードコール

   

コールオプションを売り、先物を買うカバードコールについて普通に株を買うより儲かるという記事をよく見ます。
日経平均先物オプションに限って言うと個人的にはあまり儲かる印象はありません。
オプション1枚は、先物1枚と潜在的なリスクは同じですが私のような資金のない人間は先物1枚建てることはないのでミニ先に対してオプションを売ることになり、そうなるとオプション売りのリスクが先物買いでは相殺できなくなってしまい、いきおいデルタヘッジしなくてはならなくなります。

従って無リスクでカバードコールで儲かるという記事があったのでとりあえず検証してみました。

当該記事によれば

先物1枚の買いに対してコールオプションを1枚売るので確かにコールオプションの売りのリスクはありません。

16550円で先物を1枚買い
権利行使価格16750円のコールを325円で売り

この時点で32万5千円の受取りになります。
ただ、先物がいくら上昇しても先物の利益は20万円に限定されます。コール売りの損失と相殺されてしまうからですね。しかし、32.5万円の受け取りがありますので、仮に先物が満期で16750円までしか上昇しなくても総額で52.5万円の利益になります。もし、相場が動かずに16550円のままでも32.5万円の受取りが利益となります。
相場が多少下落しても受け取り分がその損失を緩和してくれますので単純に先物買いをするよりも有利となります。
いいことづくめのように見えますが果たしてそうでしょうか?

これを最近の相場にあてはめて考えてみましょう。

5/16日の日経平均終値22717円。 この日の7月限の権利行使価格23000円のコールの終値がうまい具合に330円だったのでここでポジションを建てたと想定します。

便宜上6月物を使います。22710円で先物1枚買い 7月限23000円 コール330円で1枚買い
ちなみにこの時点でのIV12.59 デルタ0.41 です。従ってデルタ+0.59となっているので当然ですがデルタヘッジではありません。

さて、5/28日

先物終値22490円 でマイナス22万円 コール終値160円 プラス17万円 差引マイナス5万円で許容範囲?でしょうか。
ただ、お気づきのように先週大きく下落しましたよね。5/25日に一時22080円まで下げましたのでその時点を見てみます。

先物は22080円で マイナス63万円 コール130円で プラス20万円 差引マイナス43万円

これはあくまで一時的ですが、こういった場合にあなたならどう対応しますか?
個別の株式と違って先物オプションは大きなレバレッジがかかっていますので個別株式でのカバードコール戦略と同列に考えるのは少々リスクが大きいような気もします。
また、コールを売ったプレミアムでプットを買う場合、受取プレミアムというメリットを放棄することになります。

なかなか一筋縄ではいきませんね。

 - オプション