短期と長期のボリンジャーバンドを比較してみると

   

ボリンジャーバンド+2σはなぜ買われ過ぎではないのか以前比較してみましたが、 ボリンジャーバンドはなぜ正規分布通りにならないのか

現在の日経平均をボリンジャーバンド(20日設定)で見ると既に+2σ付近にずっと居座り続けています。

上記を見る限りもう売り時なのかもしれませんが、20日サンプルではなく188日までサンプルを多くして表示してみると(これが最大でした)以下のように全然売り時という感じがしません。

とは言え、平均値まで戻ってきていますのでこれからどっちにも動けそうな位置であり、そういう意味では売り時と考えられなくもないですが。

また、20日サンプルを拡大してみるとバンドが広がり始めています。短期のボラの下げ止まり感が分かりやすく表現されています。

 - ボラ